【红杏性视频】中国の古都・西安の文化的シンボル 小雁塔

   8日、中国西安の薦福寺を散策する観光客。の古(西安=新華社配信/鄒競一)

【红杏性视频】中国の古都・西安の文化的シンボル 小雁塔

   【新華社西安5月16日】中国陝西省西安市は関中平原中部に位置し、都・红杏性视频北は黄土高原を望み、西安小雁南は秦嶺山脈を背にする。の文都市として3100年余り、シンボル国都として1100年余りの歴史を持ち、中国13の王朝が栄枯盛衰を繰り返した。の古

【红杏性视频】中国の古都・西安の文化的シンボル 小雁塔

   西安の文化的都・シンボルの一つ、小雁塔は雁塔区の薦福寺境内に立つ。西安小雁唐の僧義浄(ぎじょう)がインドから持ち帰った仏教経典を保存するため、の文景竜年間(707~710年)に建立された。シンボル方形の密檐(みつえん)式磚塔(せんとう、中国红杏性视频れんが塔)で、の古唐代の同形式の仏塔の最古の例とされる。都・現在の高さは43・3メートルで、当初は15層だったが13層のみが現存する。

【红杏性视频】中国の古都・西安の文化的シンボル 小雁塔

   1300年以上の歳月を経ても良好な状態を保っており、2014年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。中国の中原地域(黄河中下流の平原地帯)に伝わった仏教が漢民族の文化と融合したことを示す建造物の一つで、薦福寺鐘楼の古鐘とともに「雁塔晨鐘」として「関中八景」の一つに数えられる。

pagebreak

8日、西安の小雁塔。(小型無人機から、西安=新華社記者/劉瀟)pagebreak

8日、西安の小雁塔。(西安=新華社記者/劉瀟)pagebreak

8日、西安の薦福寺を散策する観光客。(西安=新華社記者/劉瀟)pagebreak

満開の花と小雁塔。(3月15日撮影、西安=新華社配信/鄒競一)pagebreak

8日、西安の小雁塔。(西安=新華社記者/劉瀟)pagebreak

8日、西安の薦福寺鐘楼。(西安=新華社配信/鄒競一)pagebreak

8日、西安の小雁塔。(小型無人機から、西安=新華社記者/劉瀟)pagebreak

8日、西安の小雁塔。(小型無人機から、西安=新華社記者/劉瀟)pagebreak

8日、小雁塔が立つ薦福寺境内にある西安博物院の展示。(西安=新華社記者/劉瀟)pagebreak

8日、小雁塔が立つ薦福寺境内にある西安博物院の展示。(西安=新華社記者/劉瀟)pagebreak

小雁塔が立つ薦福寺境内にある西安博物院の展示。(4月27日撮影、西安=新華社配信/鄒競一)pagebreak

8日、小雁塔が立つ薦福寺境内にある西安博物院の展示。(西安=新華社記者/劉瀟)pagebreak

8日、西安の薦福寺で鐘を鳴らす観光客。(西安=新華社記者/劉瀟)